院長ブログ

男性の骨粗鬆症に要注意

2021年04月05日

男性も骨粗鬆症に要注意!!
骨粗鬆症は、閉経後の女性に多く、男性はなりにくいとされていました。
しかし最近は、男性にも骨粗鬆症が増えています。
骨は古い骨を壊す『破骨細胞』と、新しい骨を作る『骨芽細胞』がバランス良く機能することで新陳代謝しています。
『破骨細胞』と『骨芽細胞』のバランスが悪くなると、骨が弱くなってしまいます。
加齢だけでなく、お酒やタバコ、糖尿病や腎臓病、運動不足や栄養不足が骨を弱くしてしまうことが分かっています。
女性の病気という認識のせいか、骨粗鬆症を心配しない男性が少なくありません。
身長が縮んだ、背中が丸くなった、腰が重い、痛いなどの症状がある場合は骨粗鬆症に注意が必要です。
レントゲン、骨密度検査、血液検査で『いつの間にか骨折』の有無や骨粗鬆症の原因まで診断できます。
骨粗鬆症を放置して、腰や脚を骨折してしまうと介護が必要になってしまうかもしれません。
まずは検査を受けましょう!
骨粗鬆症を治療して、健康寿命を延伸していきましょう!

  • 森ロコモクリニック
  • 森ロコモクリニック
  • 森ロコモクリニック
  • 森ロコモクリニック
  • 森ロコモクリニック
  • 森ロコモクリニック